音楽をもっと楽しむために

Gyrotension Vega

Gyrotension Vega

Hi-Fiオーディオに求められる極限の音楽再生と音楽的感動を追求する際の最大の不安要素であり、悪影響を与える要素が振動です。
振動の原因を調べると、一般的な建物の外部振動、機器内部の自己振動、その他からも発生する振動など、全てを把握するのは不可能に思えるほど様々です。

GyrotensionVegaはオーディオ用振動アイソレーションデバイスで、機器内部のトランス、CDトレイなどから発生する振動を取り除き、外部からの振動を遮断する働きをします。

3点支持、4点支持で使用し、オーディオ機器の重量に合わせてテンション調節が可能です。

GyrotensionVegaの基本構造は、トップカプラーダイヤルのベアリング構造に、上部面がボルトによって接続されます。
下部には、3点支持の高強度セラミックベアリングで完全な平面を成すと同時に、効果的な共振制御が可能です。また、シリコンOリング結束部で支持荷重の調節が可能です。

トップインターフェースのダイヤル構造も様々な複合素材も用いて、最適な性能を発揮します。ジュラルミンを精密切削して硬質アルマイトで仕上げています。
これは振動エネルギーの伝達特性に焦点を合わせた製作方法で、素材の特性上、独自の振動波回帰が行われます。

GyrotensionVegaの基本構造は、トップカプラーダイヤルのベアリング構造に、上部面がボルトによって接続されます。
下部には、3点支持の高強度セラミックベアリングで完全な平面を成すと同時に、効果的な共振制御が可能です。また、シリコンOリング結束部で支持荷重の調節が可能です。

トップインターフェースのダイヤル構造も様々な複合素材も用いて、最適な性能を発揮します。ジュラルミンを精密切削して硬質アルマイトで仕上げています。
これは振動エネルギーの伝達特性に焦点を合わせた製作方法で、素材の特性上、独自の振動波回帰が行われます。

これまでの製品よりも多くの改善を行い、更に効果的な振動コントロールと支持荷重が可能となり、サイズ選択も可能です。
また、一般的なオーディオ機器だけでなく、スピーカーにも高い効果が得られるデバイスです。

ソース機器系3点支持の推奨ポイント

CDプレイヤーは最も振動に敏感な部分が3箇所あります。
1つ目はCDを読み取るトランスポート直下の下に、第2に電源部、第3はアナログ出力段に向かって合わせバランスをとって3番目のポイントを探ります。
真空管出力端子があるプレーヤーの多くは、真空管の下部に置くと大きな効果が得られます。

アンプ系の推奨支持ポイント

プリ、パワー、プリメインなどのアンプは、トランスや電源部の重心がかかる部分を第1に、残りの2点でバランスをとる3点支持方式(デュアルトランスの場合は、それぞれのトランス下に置き、残りの1つでバランスを取ります))と、機器の4方に置いて振動を効果的に分散させる2通りの方法をお勧めします。
実際に音を聴きながら最適な位置を調整して決定します。

20160720_Gyrotention_Front_up

▲ 高さ調節の様子。ジュラルミン切削加工で振動処理に最善を尽くしています。

20160720_Gyrotention_adjust-tension

▲ シリコンバンドでテンション調整が可能です。重量に合わせて最高の音質を得るテンションに調節します。

20160720_Gyrotention_Ceramic-ball

▲ 製品下部のセラミックベアリング。3つのベアリングによって外部振動を効果的に遮断します。

20160720_Gyrotention_Parts

▲ 構成部品です。トップカプラーダイヤルのベアリング構造に上部面がボルトによって接続されます。下部は3点支持の高強度セラミックベアリングが装着されています。

20160720_Gyrotention_device_02

▲ ハイエンドのソース機器にGyrotensionVegaを使った例です。1個あたり20kgまで対応し、重量級の機器でも3点支持で使用可能です。

販売準備中

PAGETOP
Copyright © zionote All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.