音楽をもっと楽しむために

izmo M1-z

新着情報
履歴

izo Mobile series, izmo.

USB-DAC/DDC & Headphone AMP.

izmo M1-zii

※ziiチューン以外についてはM1/M1-zの仕様をご覧ください。

izmo M1-ziiアップグレード内容

  1. OPAMP交換(OPA627AUx2 BrownDog PCB, MUSES8920E, AD826ARZ)
  2. コンデンサー追加(Panasonic)
  3. 抵抗交換
  4. System13v1.5+zii-Tuning

izmo M1-ziiアップグレード

zionoteDirectでお申し込み

 

  • ヘッドフォンアンプ、OK!

  • USB-DAC、OK!

  • USB-DDCもOK!

  • 外部電源対応でポータブルもOK!

デジタルもアナログもヘッドフォンアンプも全てポータブルで高音質!

 

デジタルオーディオもアナログサウンドも、デジタル出力もヘッドフォンアンプも使える。
この性能をこのサイズとデザインにまとめたizoのizmoシリーズ「M1」を、izoとzionoteが協力しスペシャルバージョンを作りました。

izmo M1製品ページ

  • 推奨エージング時間
    • USB-DAC部40時間以上
    • ヘッドフォンアンプ部30時間以上

izoとzionoteのコラボレート。
izoのポータブルオーディオシリーズ、izmoのM1をベースにzionoteオーダーによる更なるチューンを行いました。

主な変更点はOPAMPの変更、そしてそれに伴う周辺パーツ変更によるマッチング。
本体カラーはブラック。
更にオリジナルのブラックスキンを施し、小型ながらも高品質アルミニウムとの組み合わせで存在感のある完成度の高いデザインとなりました。

フロントパネル上部、そしてボリュームノブの視認性を高めるizo純正メタルステッカーを施しました。

入力(USB/アナログ)切り替えスイッチ、ヘッドフォン出力、アナログ入力、ボリュームノブがフロントパネルに集約されてます。
ヘッドフォン出力のゲイン出力は2段階の切り替え(マニュアル)も可能です。

リアパネルには電源入力、ライン出力、同軸出力、USB入力がレイアウトされてます。

電源はUSBバスパワーか、エネループなど別売りの外部電源も自動切り替え(外部電源優先)で使用可能です。

アナログ入力は携帯電話やMP3プレイヤーなどを入力し、ヘッドフォンやイヤフォンのアンプとして使用します。

同軸出力はUSB入力からの変換出力で、USB-DDCとして動作します。

USBはWindows(32/64Bit)やMac(ドライバー不要)と24Bit/192kHz対応で非同期転送仕様です。

このizmo M1をベースにOPAMPをLINEAR TECHNOLOGY製LT1364から、デュアル-シングル変換基板を用い、National Semiconductor(現Texas Instruments)が自ら「事実上歪みゼロのTHD+N (0.00001%)」、「超高音質オーディオ信号処理」と説明するLME49990の2個構成へ換装し、それにともなう周辺回路のマッチングチューンを行いました。

※ OPAMPと周辺パーツの変更により、新品状態から30時間は高音が強く音が安定しない傾向があるため、40時間以上のエージングを推奨します。

DACやプレイヤーのアナログ出力を使ってヘッドフォンアンプとして。
パソコンとUSBでつないでヘッドフォンアンプ&24/192対応USB-DAC/USB-DDCとして。

USB-DDC、USB-DAC、ヘッドフォンアンプ、3つの機能をこのサイズとデザインに凝縮した、izoのizmo M1。
このM1をzionoteがチューンを行った限定コラボレーションモデルがizmo M1-zです。

izmo M1-zアップグレードサービス

※ OPAMPと周辺パーツのアップグレードにより、新品状態から30時間は高音が強く音が安定しないため、40時間以上のエージングを推奨します。

  • DACやプレイヤーのアナログ出力を使ってヘッドフォンアンプとして。
  • パソコンとUSBでつないでヘッドフォンアンプ&24Bit/192kHz対応USB-DAC、USB-DDCとして。

USB-DDC、USB-DAC、ヘッドフォンアンプ、3つの機能をこのサイズとデザインに凝縮した、izoのizmo M1。
このM1をzionoteがチューンを行った限定コラボレーションモデルがizmo M1-zです。

izmo M1-zアップグレードサービス

izmo M1ユーザーの方からM1-zにしたいとのご要望を頂くため、アップグレードサービスを行います。

izoのizmo M1をM1-zの回路構成へアップグレードします。

アップグレード内容

  • レザースキンとボリュームステッカーは付属しません。
  • フロントパネルの「Limited Edition」メタルステッカーが付きます。
  • OPAMPと周辺パーツの交換を行い、M1-zと同一の音質になります。
  • 機能はM1とM1-zが同一のため、M1-zの説明書は付属しません。
  • 製品保証はアップグレード品の発送から新規に1年間となります。

お申し込み方法

  1. zionoteDirectにてオーダーしてください。費用は1万円です。
  2. ご注文後、お送りいただく際の送料はご負担ください。
  3. お送りいただく際の故障を防ぐために、できるだけ元箱に入れてお送りください。
    • 元箱が無い場合は、できるだけ衝撃を防ぐ梱包材で全体を包んでお送りください。
    • 袋ではなく箱に入れてお送りください。
  4. 作業期間は通常約3営業日です。
  5. アップグレード後の返送送料は無料です。

アップグレード前のM1と、アップグレード後のM1-zの違いやご感想をお送りいただいた方にUBIQUOイヤフォン(機種は選べません)をプレゼントいたします。

izo&zionoteのコラボレーションモデルizmo M1-zはコチラで販売中!

 

PAGETOP
Copyright © zionote All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.