音楽をもっと楽しむために

X6-DDC-femto

発売準備中

X6-DDC-femto

新世代デジタルセンター

同軸、光、パソコンのUSB、iPhone/iPadのUSB、androidのUSB、全てのデジタルオーディオ信号を、新機軸のクロックジェネレート機能によって超高精度リクロックで高音質処理が可能になりました。

新機軸のリクロック機能

  1. 元の信号のままDDCとして変換出力だけを行うPassモード
  2. Femtoクロックで元の周波数を高精度に打ち直してリクロックを行うx1モード
  3. Femtoクロックで元の周波数の2倍に打ち直してリクロックを行うx2モード
  4. Femtoクロックで4倍に打ち直してリクロックを行うx4モード
  5. リアルタイムでDSD変換を行いJAVSLINK3で出力するDSDモード

アップサンプリング ≠ クロックジェネレート

今までのアップサンプリングは入力周波数を2倍、4倍といった倍率処理を行う方式で、元の周波数の揺れ(誤差)も2倍、4倍になるデメリットがあります。

X6-DDC-femtoのクロックジェネレートは、単純に入力信号の周波数を倍にする処理ではなく、入力された周波数を検知し、その周波数をFemtoクロックで超高精度に打ち直して処理する画期的な方式です。

SPDIFの非同期処理

クロックジェネレートを実現したのが、JAVSが開発した非同期処理。
これまでにもUSBは非同期処理によってパソコンのクロックから解放され、オーディオ機器側で高精度なクロックを使う手法がありますが、それをSPDIFやAES/EBUで可能にすることで、リクロックを超えたクロックジェネレートが可能になりました。

最新のX-DDC

同軸、光、AES/EBU、JAVSLINK3の各出力は、常時同時出力。
今までのX-DDCシリーズ以上に信号の高精度化と同時出力の安定強化も行いました。

  1. デジタルセレクターとして
  2. デジタルセンターとして
  3. 高精度リクロッカーとして
  4. PCM-DSDリアルタイムコンバーターとして

最高峰のDDCとして、
更に進化したX-DDCの完成です。

 

新着

2017/6/13:

履歴

X-DDC、1000兆分の1の領域へ

フェムト(f:femto)、10のマイナス15乗を表す単位。
1 フェムト秒 = 0.000 000 000 000 001 秒

フェムトとは15を意味するデンマーク語やノルウェー語の femtenが語源。

高精度クロックの単位はマイクロ、ナノ、そしてピコと進み、ついにフェムトの領域へ。

JAVSの目標

JAVSは科学的理論と測定値を基本としますが、人間が持てる感情と感性を共有できる人文学的な文明機器がオーディオだと考えます。

抽象的で、手で触ることもできず、目に見えず、悲しみ、そして喜びといった感情の表現を、誰もが共感できるため、具現するため、これがJAVSの目標です。

概要

  • ハイレゾ対応:PCM 192kHz、DXD 384kHz、Native DSD256
  • 3系統のUSB(PC/iPhone/android)の同時接続でSmartに音楽を楽しめます。
  • 超高精度、Femto Clockによって純度の高いHi-Fiの世界を経験できます。
  • 多様な入力(光、同軸、AES/EBU)で、他のオーディオ機器をアップグレードさせます。
  • 多様な出力(光、同軸、AES/EBU、I2S)で、音楽生活をもっと楽しくします。
  • リクロック機能は出力機器のクロックに左右されず、X6-DDC-femtoのフェムトクロックを使用した高純度のクロックを生成して使用するため、全ての入力信号をasynchronous方式で処理します。
MQS (Master Quclity Saund) 32Bit/44.1k~192kHz
DXD (Digital Extreme Definition) 32Bit/352.8, 384kHz
DSD (Direct Stream Digital) Native 64 / 128 / 256

使いやすさから導き出したサイズ

  • オーディラックはもちろん、デスクトップ、他製品の天面でも置きやすく使いやすいハーフサイズ。
  • 高精度加工の黄銅インシュレーターで足下からチューニング。

 

世界唯一、PC、iPhone、android、3系統USB-DDC

3系統のUSBを同時接続し、充電も行いながらスマートに音楽を楽しめます。

パソコンだけではなく、iPhone/iPad、AndroidでもUSB接続でasynchronous(非同期)接続によるFemto Clockの超高精度でハイエンドなHi-Fiオーディオ環境が簡単に構築できます。

2台のパソコンとも接続可能

android用のminiUSB入力は、変換のケーブルやアダプターを使ってパソコンのUSBと接続すれば、パソコン入力としても動作します。

パソコン専用USB入力と、miniUSB入力の2ポートに、2系統のパソコンを接続して、高精度USBセレクターとして動作可能です。

多様な入力

光、同軸、AES/EBU入力は32Bit/192kHzに対応します。

I2S接続:JAVSLINK3

JAVSの特許技術、I2S接続を行う最新のJAVS LINK3は、LVDS(Balance)でノイズを抑制し、+5V、-5Vの強力な出力でDXD 384kHz、DSD256など全ての信号をノイズ無くJitter"ゼロ"で転送します。
Jitter "ゼロ"のHi-FiオーディオをX6-DDC-femtoで経験してください。

Pulse Code Modulation

32Bit/44.1k~384kHz

Digital Extreme Definition

32Bit/352.8k~384kHz

Direct Stream Digital

Native 64/128/256

asynchronous USB 2.0

USB Controller 8U

世界初、非同期SPDIFリクロック

入力信号のクロックは、X6-DDC-femto搭載のフェムトクロックで純度の高いクロックを生成してリクロック処理します。
世界初、SPDIF入力に対するAsynchronous方式を実現しました。

アップサンプリングとは全く異なる、asynchronous技術によってJitter "Free"を実現しました。

Up Sampling

入力信号のクロックサンプリング値をサンプリングレートコンバーターICを使用して単純に2倍や4倍に変換します。
問題点は、入力のサンプリング値が間違っていたり微妙に揺れている場合に、その値のまま2倍、4倍に処理してしまい、誤差も倍数のまま大きくなってしまいます。これはソフトウェア処理のアップサンプリングも同じです。

ReClocking

アップサンプリングとは異なり、入力のクロックサンプリングは使用せず、サンプリング値だけを確認し、自らのマスタークロックによってサンプリング値を生成して使用するasynchronous方式です。

 

リクロック&DSD変換機能

リクロックはオフになるPass。
フェムトクロックでクロックジェネレートを行うx1、x2、x4。

そしてPCMデータをDSDへ変換して出力する機能も開発に成功し搭載しました。

  • PCM88.2kHzまで:DSD64
  • 96k~192kHzまで:DSD128
  • 352.8/384kHz:DSD256

 

Femto Clock

44.1kHz系用の22.5792kHzクロック、48kHz系用の24.576kHzの2系統別の専用クロックを搭載します。

0.000 000 000 000 001

超精密クロック、10のマイナス15乗、0.000 000 000 000 001という超高精度クロックを搭載しました。

パソコン、android、iPhone、3系統の入力の全てがasynchronousによりFemto Clockで処理され、高音質を実現します。

高音質のために

高品位で安定したノイズの無いクリーンな電源、高精度なサンプルレートは、Hi-Fiを実現するための基本的必須条件です。
この基本が充実してこそ、アナログ回路でHi-Fiが成立します。

Galvanic Isolate

同軸とAES/EBUの入力と出力段にグラウンドをカットするTranspomer BS0663RとPE65968を搭載し、出力の4経路に独立搭載し、ノイズを根本的に遮断して音質の鮮明度を高めました。

Super Ultra Low Noise LDO電源

Super Ultra Low Noise LDOによって、定電圧回路ノイズのアナログ回路流入を遮断し、音質を劣化させません。

LDO低ノイズ5V電源

パソコンのUSBから流入するノイズは、USBの+5Vをカットし、LDO回路で根本的に遮断しました。

USBのグラウンドをカットするアイソレート回路で、USB入力からグラウンドで流入するノイズも根本的に遮断します。

高精度オーディオパーツ仕様

高精度、高特性なオーディオクラス部品を使い、最上のHi-Fi環境を構成します。

先進の高音質を使いやすく

テレビやゲーム機などデジタル出力機器、CDプレイヤー、iPhone、iPad、android、パソコン

機能説明

※BTは日本では使いません

フロントパネル

  1. 1.入力選択:
    1. USB:パソコンやスマートフォン
    2. COAX:同軸
    3. OPT:光
    4. A/E:AES/EBU
  2. USB:USB入力の場合
    1. Andr.:android
      ※付属ケーブルでandroidスマートフォンと接続
      ※機種によって認識できない場合やノイズが発生する場合があります
    2. PC:パソコン
      ※Windowsはドライバーをインストールしてください。
      ※Windows10は2007年4月のアップデートでUSB Audio Class 2.0対応となり、ドライバーインストールは不要です
    3. iPad:iPhone/iPad
      ※Apple純正ケーブル使用
  3. 電源
    1. Off:電源オフ
    2. On::電源オン
  4. Clock Gernerator:再生曲のクロックを検知し、Femto Clockで打ち直す
    1. Pass:Clock Gerenatorを経ずbypass
    2. x1:元のクロックと同一の周波数でClock Gerneratorで再生成
    3. x2:元クロックの2倍の周波数でをClock Gerneratorで再生成
    4. x4:元クロックの4倍の周波数でをClock Gerneratorで再生成
    5. DSD:PCMの音源をDSD生成
      1. PCM88.2kHzまで:DSD64
      2. 96k~192kHzまで:DSD128
      3. 352.8/384kHz:DSD256
  5. インジケーター
    Red:44.1&48kHz
    Green:88.2&96kHz
    Blue:176.4&192kHz
    Purple:352.8&384kHz
    White:DSD64&128&256

リアパネル

  1. 1.AES/EBU:AES/EBD出力
  2. J-Link III:JAVSLINKIII出力(最大PCM384kHz&DSD256)
    ※HDMIケーブルを流用したI2S接続
  3. Coax:同軸出力(最大192kHz)
  4. Optical:光出力(最大192kHz)
  5. AES/EBU:AES/EBU入力(最大192kHz)
  6. Coax:同軸入力(最大192kHz)
  7. Optical:光入力(最大192kHz)
  8. iPad:iPhone&iPad入力
    ※Apple純正ケーブル使用
  9. Android:android入力
    ※付属ケーブルでandroidスマートフォンと接続
    ※機種によって認識できない場合やノイズが発生する場合があります
  10. PCパソコン入力
    ※Windowsはドライバーをインストールしてください。
  11. 電源:.電源(12V3.3A、センタープラス、外径5.5内径2.5mm)

使用方法

パソコンとの接続

  1. 付属ACアダプターを、本機器の電源入力端子(リアパネル[11])に接続。
    USB(AtoB)ケーブルでパソコンと本機器のPC接続端子(リアパネル[10])に接続。
  2. パソコンと本機器の電源をオンにして、ダウンロードしたドライバーをインストール。
  3. フロントの入力選択(フロントパネル[1])でUSBを選択。スイッチ(フロントパネル[2])でPCを選択。
  4. パソコンで、音の再生デバイス設定で本機器を規定のデバイスに設定する。
  5. 使用したい再生ソフトを起動して再生開始。

android、iPhone&iPadとの接続

  • android(MicroUSB端子)の場合、付属のUSBケーブル(Micro to Mini)を使って、スマートフォンと本機器(リアパネル[9]を接続。
  • iPhone&iPadの場合、Apple純正ケーブルを使ってiOS機器と本機器(リアパネル[8])を接続。
    -フロントの入力選択でUSBを選択。その横の選択スイッチをAndr.またはiPadを選択。

デジタル入力(Coaxial、Opticcal、AES/EBU)

  1. 入力するデジタル機器と、本機器(リアパネル[4]、[6]、[7])と接続。
  2. 接続した機器に合わせて、フロントの入力選択(フロント[1])を選択。


出力の選択

  1. 本機器のデジタル出力はAES/EBU、光、同軸です。
  2. リアパネル[1]、[3]、[4]から、他のオーディオ機器へ出力します。
  3. 全ての出力は常時同時出力なので、出力の選択は必要無く、分配器として使えます。

JAVSLINKIII接続

  • JAVS LINK IIIはJAVS X6-DAC-Femtoと本機器であるX6-DDC-FemtoをHDMIケーブル(未付属)を使用してI2S信号で入出力する独自規格です。他の接続方法よりも良質の信号で接続できます。
    JAVSLINKIIIを使って、SPDIFやAES/EBUでは不可能なPCM384kHz音源やDSD音源を外部接続可能になります。
  • X6-DDC-FemtoのJLINK III出力とX6-DAC-FemtoのJLINK III入力をHDMIケーブルで接続。

Spec

  1. X6-DDC-femto
    (エックスシックスディーディーシーフェムト)
  2. 税込108,000円
  3. X6-DDC-femto-B(ブラック)4562290023238
    X6-DDC-femto-S(シルバー)4562290023214
  4. USB-Audio
    最大32Bit/384kHz、ネイティブDSD256、DoP128
    1. USB-B:PC
    2. USB-A:iOSデバイス(iPhone、iPad)
    3. USB-miniB:Android(Jelly Bean:4.1以降)&PC
  5. デジタル入力:最大32Bit/192kHz ※BTは日本では使いません
    1. Optical
    2. Coaxial
    3. AES/EBU
  6. デジタル出力:最大32Bit/192kHz
    1. Optical
    2. Coaxial
    3. AES/EBU
    4. JAVSLINK3(I2S):最大32Bit/384kHz、ネイティブDSD256、DoP256
  7. クロックジェネレーター
    • Pass:入力信号をパススルーで出力。
    • x1:入力サンプリングレートを確認し、同じサンプリングレートを打ち直して出力。
      x2:入力サンプリングレートを確認し、2倍のサンプリングレートで打ち直して出力。
      x4:入力サンプリングレートを確認し、4倍のサンプリングレートで打ち直して出力。
      DSD:全てのサンプリングレートを1Bit化し、DSDで出力。
  8. 対応PCM
    Bit depth:16, 24, 32Bit
    Sample rate:44.1, 48.0, 88.2, 96, 176.4, 192 kHz
  9. 対応DXD:32Bit, 352.8/384kHz
  10. 対応ネイティブDSD:DSD64(2.8 MHz), DSD128(5.6 MHz), DSD256(11.2 MHz)
  11. サイズ:W215xD230xH60(mm)
  12. 重さ:約1.5kg
  13. USB動作環境
    1. Windows32/64Bit Vista/7/8 /10
      ASIO2.1,WASAPIexplusive
    2. MacOSX 10.6以降
    3. テクニカルサポート対象外ですが、USB Audio Class 2.0環境であればLinux等でも動作します。
  14. 製品構成:本体、USBケーブル、ACアダプター
  15. 製品保証
    初期不良:1週間
    保証期間:ご購入から1年間
    ※ご購入の店舗と年月日を確認できるレシートや納品書などが必要ですので大切に保管してください。
  16. サポート情報/FAQ
    ※自作USBケーブルによる製品破損は有償対応となります。

※仕様および製品構成は予告なく変更となる場合があります。

PAGETOP
Copyright © zionote All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.